健康

しつこい便秘はシンバイオティクスで完治させよう。乳酸菌とブースターの最適な組み合わせを。

更新日:

まさき

朝食をちゃんと食べてもヨーグルトを食べても全然便秘が改善しない。。

1日に1回以上排便がなければ便秘って聞いたけど、それならずっと便秘だよ。

一体どうしたらいいの?

という方に読んでいただきたい記事です。

※情報を凝縮したので、少し長い記事です(所要時間5分程度)。

飛ばし読みの方は、太字のみ追ってください。

 

ヨーグルトを食べたり、漢方を試してみても全然安定した排便がない。

結局はセンナを飲んだり、便秘薬を飲んだりして何とかする日常。。

今やっている対策ではあんまり成果を感じられないという方も多いのではないでしょうか。

 

最新の研究で食物繊維やオリゴ糖などの乳酸菌やビフィズス菌の餌とそれらの善玉菌を一緒に摂取する

シンバイオティクスによって腸内環境を劇的に改善できることがわかってきました。

この記事の目次

・シンバイオティクスって何?

・シンバイオティクスが整腸作用を発揮する理由

乳酸菌とビフィズス菌は腸の神経に働きかける

   善玉菌は餌をあげないと働かない

・効果的なシンバイオティクスの実践

腸まで生きて届くものを選ぶ

目的の効果を持つ菌を摂取する

善玉菌の餌も同時に摂取する

・実体験と科学的視点の両方からお勧めできるシンバイオティクス

シンバイオティクスって何?

シンバイオティクスはあまり馴染みがないけど、プロバイオティクスプレバイオティクスを組み合わせた言葉です。

プロバイオティクスとは、人体に良い働きをする細菌(乳酸菌など)を摂取して体調改善を行うことです

プレバイオティクスは、腸内の善玉菌の増殖を促進したり、悪玉菌の増殖を抑制することで体調改善を行うことです

そしてシンバイオティクス」はプロバイオティクスで身体に良い働きをする細菌をとりこみ、その細菌をプレバイオティクスで活性化する次世代の腸内細菌活性化方法といえます。

 

具体的な例を挙げると、ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べる場合などがそれです。

ヨーグルトで身体に有益な乳酸菌やビフィズス菌を取り込み、さらにそれらの微生物の栄養となるオリゴ糖を摂ることで腸内でそれらの菌を活性化します。

このように有益な菌の取り込みとその活性化を並行して行うことで、単に乳酸菌やビフィズス菌などを摂取する場合に比べて、善玉菌の効能を最大限引き出せます

 

この記事では、最新のシンバイオティクスによるしつこい便秘の解消方法についてお伝えします。

シンバイオティクスが整腸作用を発揮する理由

乳酸菌とビフィズス菌は腸の神経に働きかける

腸には脳の次に多くの神経細胞が存在していて、10m近くに及ぶ大腸と小腸の動きを制御しています。

便秘薬の代表選手であるセンナはこの神経を刺激することでお通じを促します。

実はあまり知られていませんが、善玉菌も同様に、食物繊維を取り込んで有機酸を排出することで腸管を刺激しているのです。

この働きはセンナなどのお薬より緩やかなため、自然な便通が期待できます。

腸内細菌は人間と共生関係にあるので、人間から食料を分けてもらうお礼に人に有益な働きもしてくれるのです。

プラス小話

他にも善玉菌は外部から人間に有害な細菌が入って来た場合に防御したり、人間には作れないビタミン類を合成して人間に与えりしています。

→参考記事はこちら。

免疫力を圧倒的に高めるプロバイオティクスの効果を専門家が解説するよ。

 

 善玉菌は餌をあげないと働かない

善玉菌は人間には分解できない、食物繊維やオリゴ糖といった物質をエネルギーとして生きています。

それらを餌として善玉菌にあげることで、善玉菌は腸を活性化する酢酸や酪酸をお返しにくれるのです。

ですから、私たちの栄養にならなくても食物繊維などの善玉菌の餌を食べないと、善玉菌は働いてくれません

 

ただし注意ポイントが1つ。

善玉菌と一口に言っても、その種類は数百から数千種類に及びます。

しかも人間に例えると、私は手足が2本ずつしかないけど、アイツはアメーバみたいに変形できるよね。くらいバラエティに富んでいます。

当然、餌の好みも変わってきます。

育てたい善玉菌に応じた食品を食べてあげることが必要です。

効果的なシンバイオティクスの実践

ここまで善玉菌が便秘を解消してくれる理由、そしてそのためには食物繊維等を摂取しなければならないと述べてきました。

しかしそれは私たちの腸内にバランス良く善玉菌が存在することが大前提です。

便秘に苦しんでいる人の腸内細菌のバランス(腸内フローラ)は酷く乱れていることを知っておきましょう。

つまり、まずは乱れた腸内フローラを整えるために乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を体内に入れる必要があります

腸まで届く善玉菌を選ぶ

見てきたように、乳酸菌と一言で言ってもその種類は数千種類に及びます。

例えばヨーグルトの場合だと全ての製品に乳酸菌が含まれています。(ヨーグルトの製造に乳酸菌は必須のため)

でもほとんどの乳酸菌は胃酸の中を生き残れないので、プロバイオティクスとして働く乳酸菌はごく一部です。

腸内細菌のバランスを整えるためには、腸まで到達できる生命力の強い乳酸菌やビフィズス菌を摂取することが第一にやるべきことです。

ヨーグルトメーカーや健康食品の会社は、このような乳酸菌やビフィズス菌を探して日々研究を行っています。

目的の効果を持つ菌を摂取する

さて腸まで届く生命力の強い善玉菌を身体のなかに取り込まなければならないことはわかりました。

ではそのような菌であれば何でも良いかというとそうではなく、整腸作用を十分に発揮する優れた菌でなくてはなりません

さきほど書いたように善玉菌には数多の種類があり、好む食べ物も違えば排出する物質も異なります。

という理由でどのような善玉菌を摂るかで、その排出物によって私達が受ける効能が変わってくるのです。

一例をあげると便秘予防以外にも、肌荒れ改善、免疫力強化、アレルギー症状改善、メタボ改善、内蔵脂肪予防……。と挙げきれないぐらいあります。

このような便秘に有効な善玉菌を健康食品の会社は日々探索しています。

便秘に有効な善玉菌にはEC-12菌や、BE-80菌などがあります。

善玉菌のエサも同時に摂取する

善玉菌が好む食べ物として代表的なものは、食物繊維オリゴ糖、難消化性デキストリンです。

どちらも人間には消化できないため、腸内にいる善玉菌のもとまで届くのです。

特にオリゴ糖は量を摂取しやすいため、便秘で悩んでいる人が積極的に食べることをオススメできます。

オリゴ糖についてはどのようなものを摂取しても一定の効果があるため、毎日少しずつ食べると良いのではないでしょうか。

できれば便秘予防効果が高い善玉菌の好む種類のオリゴ糖を摂るのが好ましいでしょう。

代表的なものにはイソマルオリゴ糖ガラクトオリゴ糖などがあり、そ効果は広く検証されています。

これから始められる方はこれらのオリゴ糖を摂取するのが良いでしょう。

実体験と科学的視点の両方からお勧めできるシンバイオティクス

さて見てきたようにシンバイオティクスで便秘を解消するポイントは次の2つです。

ココがポイント

1. 便秘に解消に効果的で腸まで届く乳酸菌を取り入れる!

2. それらの乳酸菌が好む食品を毎日食べる!

これらのどちらが欠けても便秘は解消しません

もちろんそれぞれを別々に摂取しても効果が減ることはありませんが、普通の人は便秘解消に特別に効果的な善玉菌とその菌が好むエサの組み合わせは知りません。

また取り込んだ菌が腸に定着するまでは毎日摂取しなければ効果がなくなるので、注意が必要です。

私の意見としてはこれらを最適に組み合わせたビフィズス菌錠剤が圧倒的におすすめです。

 

というわけで今回の解説記事は以上です。

具体的にどのようなサプリメントを飲んだら良いのかは以下の記事で詳しく解説しています。

科学者が本当にオススメする"オリゴ糖×乳酸菌"のサプリを発表!【目的別にご紹介】

まさきオリゴ糖が健康に超効果的と知った人「オリゴ糖が整腸効果、癌の予防効果、アレルギー改善、肥満対策…などに効果がある腸内フローラに超重要ってわかったよ。 でも副作用とか心配だし、どのオリゴ糖を食べた ...

 

 

-健康

Copyright© 悠々ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.