衛生

本当に効果のあるマスクの選び方 -N95マスクとサージカルマスクの違い-

更新日:

近年、新型インフルエンザなど恐ろしい感染症をテレビで目にする機会が増えました。

予防にはマスクが有効ですが、中には消費者の無知につけ込んだぼったくりな店もたくさん存在し、どのようなマスクをを選んで良いのか難しいのが現状です。

私も半分趣味でこれまで10種類以上のマスクを試してますが、その経験から正しく感染を防ぐマスクを選ぶ方法とぼったくりに合わない方法について書きたいと思います。

感染の起こり方

感染の起こり方には色々な種類があります。例えば最近話題になっているエボラ出血熱の場合だと接触感染。インフルエンザだと飛沫感染や空気感染など。

とりわけやっかいなのは空気感染と飛沫感染です。これらは病原体やウィルスを含む飛沫が粘膜にくっつくことでおこります。つまり病原体を吸い込んで肺や気道の粘膜にくっついたり、飛沫が目の粘膜に接触することでおこる感染です。

例えばインフルエンザの場合その感染力はすさまじく、体内に数百個のウィルスが入っただけで、感染してしまいます。

ですのでインフルエンザなどに感染しないためには、鼻や口からウィルスを入れないことが最も重要となってきます。

マスクの種類

『マスク 種類』とGoogleで調べると、様々なマスクが出てきます。そしてサイトによっても言ってることが違います。笑

最も良く目にされるのは、やはりサージカルマスクとN95マスクではないでしょうか。

・サージカルマスク

f:id:tuntunboy:20141112234544j:plain

もともとは外科用に使われていたマスクですが、近年一般の感染予防に用いられるようになりました。材質としては不織布(繊維を編まずに熱などで変形させて布にしたもの)が用いられているものがサージカルマスクと呼ばれていたのですが、近年ではそれもあまり関係なくなっているようです。

ネットや広告でサージカルマスクと見るときには、ざっくりと、お医者さんがつけているようなマスク、という認識で良いと思います。が、サージカルマスクを名乗るならある一定の基準を満たしていなければなりません。それがPFE(微粒子濾過効率)とBFE(細菌濾過効率)です。

PFEは一般的にフィルターで最も濾過するのが難しいとされる0.1 - 0.3 μmの粒子を濾過することができる割合のことです。

つまり、PFE 99%は0.1-0.3 μmの粒子を1%しか通しませんよということです。

対してBFEは細菌を含む粒子が3 - 5 μmに多いため、この大きさの細菌を含む粒子を濾過できる割合を示します。

アメリカ保険衛生局, FDAでは、サージカルマスクはBFEが95%以上でなければならないとしています。

N95マスク

f:id:tuntunboy:20141112234558j:plain

巷でN95として売られているマスクですね。このN95マスクはもともと作業現場の飛沫防護用に用いられていたものですが、結核などの空気感染に有効な防護能を示したため医療現場にも使われるようになったものです。

このマスクはアメリカ保険衛生局によって厳しい基準がもうけられています。

具体的には、サージカルマスクのPFEに相当する0.3 - 0.5 μmの粒子を捕集する能力が95%以上であることで、呼気抵抗やフィット性もチェックされます。

この基準をクリアしたものがN95マスクとして認可されます。ちなみにN99は微粒子を99%以上、N100は微粒子を99.97%以上濾過できることを示します。

日本の基準でN95に相当するものはDS2 マスクと呼ばれ、より厳しい基準を通過したものはDS3 マスクと呼ばれます。

尚、余談なのですが、N95マスクを着けなければならないくらい感染危険が高い場合には、粘膜である眼球も防護する必要があります。

サージカルマスクとN95マスクの違い

ここまで読まれた方はサージカルマスクとN95マスクに違いは無いんじゃないかと思われるでしょう。その通りで、フィルターの濾過性能に大きな違いはありません。

(実際はN95マスクの審査は厳しく、耐水性などもチェックされるため信頼度は高い。これはN95マスクがもともと空気感染の可能性が非常に高い危険な現場での使用を想定しているからである。)

フィルターの性能にそんな違いはないのに、N95マスクがもてはやされる理由。それは隙間の違いです。N95はただのマスクではありません。もともと結核病棟などの空気感染の可能性が非常に高い場所での使用を想定されたマスクです。

そのためN95以上のマスクを付ける際には、毎回必ずシールチェックと呼ばれる空気漏れがないかのチェックをする必要があります。加えて年一回のフィットチェックと呼ばれる、顔の形にマスクが合っているかのチェックが推奨されています。

どれだけフィルターの性能が良くても少しでも隙間があれば感染を防ぐことはできませんから、このシールチェックは必須です。

実際一般の人がこのシールチェックをすることは難しいでしょう。

加えてN95以上のマスクは、そのフィット性とフィルターの性能のため二時間もつけていれば呼吸困難になるほどです。このような理由で一般の用途にはサージカルマスクが向いていると思われます。

サージカルマスクは当然隙間があって空気感染を完全に防ぐことはできませんが、呼吸が楽である程度の飛沫感染を防護することはできます。加えて感染者がサージカルマスクを付ける分には他の人へウィルスを移すリスクを大きく下げることができます。

このことを考えると、業者が時々広告している、N95相当のフィルター能力を持つサージカルマスク、という文言に意味がないことがわかりますね。

どこでマスクを買うか

基本的にサージカルマスクは使い捨てです。せっかくウイルスを濾過してもそれを使い回して感染するようじゃ本末転倒ですよね。笑

となると四人家族で一冬に100-200枚は使う計算になります。結構な量ですね。。つまり安く買う必要があります!

やっぱりネット通販が王道。

やはり商品の種類の豊富さと手間と料金の面でネット通販が王道です。しかしネット通販ではぼったくり業者に注意しなければなりません。

以下にぼったくり業者を見分けるポイントを書きました。

・やたら不安をあおる業者

消費者の不安をやたら煽ってマスクを買わせようという業者です。このような誠実さがない業者からは買わないのが無難です。いくつかの業者を見ていれば、不安を煽る業者というのごわかってきます。

・やたらとN95マスクをすすめる業者

これも上と同じような理由なのですが、一般人がN95マスクを使いこなすのは非常に難しいです。にも関わらずそのようなリスクを説明も無しにN95マスクを進める業者からは買わないのが無難でしょう。

・サージカルマスクの性能を書いていない業者

上述したPFEやBFEの記載がない業者は論外です。サージカルマスクの本当の専門業者なら、これを書かないというのは常識的にあり得ない話です。

・マスク性能以外を書いていない業者

これは不親切な会社です。サージカルマスクはフィルター性能がBFE 95%以上が保証されているのであれば、それ以外のノースピース(鼻の部分に通ってる針金)の有無や、耳に掛けるゴムの形、呼吸の楽さなどが差別点になってきます。これらを書いていない業者は不親切と言えるでしょう。

マスク選びのプラスアルファ

1-4まで読んでくださって実際にネットショップを見られた方、それでもまだ絞りきれていないと思います。笑

本当にいろんな種類があって悩みますよね。
そこで色んな種類のマスクを買った私の体験からのアドバイスです。

・耳かけのゴムは丸ゴムより平ゴムを。

耳かけのゴムには平ゴムと丸ゴム、そしてヒモがあります。利便性の面でよほどのこだわりがない限りはヒモは避けた方が無難でしょう。となると丸ゴムか平ゴムですが、私は平ゴムをおすすめします。丸ゴムは長い間付けていると、耳の後ろが切れることがあるからです。

・色は白か青を。

やはり見た目の清潔感じの問題で色は白か青が良いです。肌が少し黒めの方は青色の方が良いと思います。

・女性や子供は合うサイズを

女性や子供はレギュラーサイズでは少し大きいと思います。自分に合ったサイズを選ぶことで顔をしっかりと覆うことができますので、飛沫感染のリスクを下げることができます。

ちゃんとした業者なら女性用や子供用のサイズも売っていますので、そういうところで買うようにしましょう。

・ノーズピースが入ったものを。

やはりノーズピース(鼻の上に通ってる針金)があるのと無いのではフィット感が違います。インフルエンザなどをしっかり防ぎたいのなら、ノーズピースの入ったものを選びましょう。

・できれば呼吸のしやすいものを。

どんなマスクを買ってもサージカルマスクで息苦しく感じることは無いと思います。ですが、呼吸が楽に越したことはないので、そういう触れ込みがあるものがあればそちらの方が良いでしょう。

以上が私が色々マスクを買った中で見ることにしているポイントです。

これらのポイントを押さえられてて、かつ予算の範囲内であればなんでも良いと思います。高くても50枚1500円までで良いでしょう。600円以下のものは少しうーんな製品が多い気がします。

まぁどれでも良いと思います。良いものはたくさんあるので、納得のいくものを買ってください。

感染を防ぐために

マスクは感染を防ぐ強力な道具ですが、もちろん万能ではありません。マスクを正しい装着法で使用することが大切です。

そしてマスクでせっかく感染を防げても、家に帰ってから汚れた手を口に持っていってしまってはおしまいです。

手洗いうがいを徹底して、正しいマスクの着用をする。あとは適度な食事と睡眠を取っていれば若い方ならまず風邪はひかないでしょう。

効果的なの利用で今年の冬は風邪ともインフルエンザともおさらばしましょう!!

-衛生

Copyright© 悠々ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.