衛生

予防のために知っておいて欲しいマスクのマメ知識!そのマスク本当にウイルス止めていますか?

更新日:

f:id:kisuke_blog:20181124184759p:plain

冬になると流行する風邪、インフルエンザ、ノロウイルス。それらを防ぐための心強い味方がマスクです。

でもあなたが使っているマスクは本当にウイルスを防ぐ効果があるでしょうか?

最近は健康志向が広がり、あらゆるところでマスクを買うことができますが、中にはウイルスを防ぐ性能が無いものも売られています。

そこでウイルスを防ぎたい人が本当に選ぶべきマスクの基準について、明らかにしていきます。

マスクは正しく使用すれば飛沫感染や空気感染を防げる!

マスクを付けることによって感染を防げる理由は主に2つあります。

1つ目は、フィルター機能によって体内にウイルスが侵入するのを防ぐ働き、2つ目が、保湿することによって粘膜のウイルスに対する抵抗力を高める働きです。

ウイルスをシャットアウトするフィルター機能

ウイルスのサイズをパチンコ玉とすると、人間は地球と同じくらいのサイズになります。とにかくウイルスは小さいのです。

しかし、マスクを構成している不織布は非常に細かい繊維で出来ていて、ウイルスのような極めて細かい生物まで濾し取ることが出来ます。マスクを通して吸った空気にはウイルスが含まれていないため、感染を防ぐことができるのです。

これについては後で詳しく見ていきます。

喉の保湿効果による免疫力の向上

人の粘膜は湿っていることで適正な免疫力を維持することが出来ます。喉が保湿されているとき、人の喉や気管は十分な粘膜で覆われており、侵入しようとした細菌を粘膜で絡め取って、体外に排出できるのです。

f:id:kisuke_blog:20181128221448p:plain

一方、喉や気管が乾燥してしまうと粘膜が薄い状態になってしまいます。すると、十分に細菌を追い出すことができず、徐々に侵入を許してしまうことになります。空気が乾燥しやすい冬に感染症が流行する理由なのです。

f:id:kisuke_blog:20181128222010p:plain

マスクをすると口腔内の湿度が保たれ、粘膜の免疫力を高く維持することができます。これによって、感染に対して高い抵抗力を持つことができるのです。

品質によって大きな違いが出るのはフィルター機能

マスクと言ってもピンからキリまで存在します。コンビニで売っているような使い捨てマスクから、結核病棟で使われるものまであります。

しかし、案外保湿力というのはそれほど変わらないものです。呼吸から出た水分がフィルターに吸着されて、次に息を吸い込んだ時にその水分が蒸発して喉を潤してくれます。

一方、フィルター性能に関してはマスクの価格に大きく依存します。結核病棟などの感染症予防専用に用いられているものは、もちろんホームセンターなどで売られているものとは比べられないくらい、しっかりとウイルスを除去してくれます。

本当に最重要視すべき機能はフィルター性能?

先に書いたようにマスクのフィルター性能は価格によって大きく異なります。

少し高めのマスクは、きちんとウイルスや細菌を除去できることが保証されています。

この保証値のことを専門用語でBFE(細菌ろ過効率)といいます。

BFE以外にも用途に応じてたくさんの基準があるので、ご紹介だけしてみます。

f:id:kisuke_blog:20181128220816p:plain

このように様々な試験をして本当にマスクが有効かどうかを検証しているのです。

PFEやVFEなどはウイルス感染を予防するためのマスクの箱には記載されることがあります。

一般的なマスクのBFEはどれくらい?

では一般的なマスクのBFEはどの程度のものなのでしょう。ホームセンターなどに売られている格安マスクでは、BFE表示は書かれていないと思います。

即ち測定すらしていないのです。このような細菌のシャットダウン効率の保証をすると金額が上がってしまうので仕方ありません。

それではドラッグストアなどで買える少し立派なマスク、「超立体マスク」ではどうでしょう。実は、超立体マスクBFEより厳しいVFE試験で99%という好成績を叩き出しているのです。

細菌は技術が進んできたため、一般庶民に手が届く範囲で細菌やウイルスを通さないフィルターを持ったマスクを手に入れることができるようになりました。

そのほかにも様々なマスクがありますが、選ぶ際に一度確認してみてください。

本当に大切なのはフィルターの性能?

さてここまでマスクのフィルターについて書いてきましたが、私達がマスクを選ぶうえで大切な機能はフィルターの性能でしょうか?

実は一般向けに販売されているマスクは感染を防ぐことを主目的として作られていません。マスクをつけている人がインフルエンザや風邪の時に、他の人にうつさないことを目指しているのです。

気にしたことがあるかもしれませんが、市販されているマスクは隙間だらけです。いくらノーズピースとかが入っていても頬の隙間からスルスル漏れています。

これではウイルスの侵入を完全に防ぐことはできません。ですが一方で、自分がウイルスや細菌に感染している場合、マスクをすることで周りにうつすのを防ぐのには大きな効果を発揮します。家族にうつしたくない場合などには絶対につけていてくださいね

とはいえ矛盾するようですが、高性能なフィルターを持ったマスクはウイルスや細菌に感染する確率を下げることができます

ウイルスや細菌は体の中に大量に入るほど感染が成立しやすくなるので、隙間があったとしても、正面からやってくる大部分の病原体をカットできますので、感染する確率を下げることができます。

ということで、マスクのフィルター性能は感染する可能性を下げることができますが、それが全てではないということです。

価格で大きな違いが出るのは付け心地!

ここまで見てきたようにマスクの性能の1つであるフィルター機能は価格で性能が変わり、BFEなどの数値で表されるのでした。技術の進んだ昨今では、市販されているマスクでも少しちゃんとしたものであれば、きちんとした性能のフィルターが使用されていることも紹介してきました。

一方で、市販されているマスクは感染防御に主目的をおいておらず、感染拡大防止のための設計となっていることは書いてきたとおりです。

ではマスクの価格の違いはどのような部分に反映されているのでしょうか。

呼吸のしやすさは価格に比例する

その1つ目が呼吸のしやすさです。呼吸のしやすさを示す言葉を専門用語で吸気抵抗といいますが、吸気抵抗が高いほど呼吸がしやすいことになります。

マスクのフィルターは当然スカスカな方が空気が通りやすく呼吸がしやすいですが、その分ウイルスも通しやすくなってしまいます。ウイルスを通さないようにしながら、呼吸もしやすいフィルターを作るのは案外難しいのです。

息苦しくなければその分長時間つけていられますし、途中で触ったりしないのでますます感染予防に効果的です。ホームセンターなどで売られている”通気性”と書かれたマスクは単純にスカスカなフィルターが用いられているので、要注意です。

他にも価格の違いはこんなところに出ている!

会社に行くときや眠るときなどマスクを長時間つけていると、問題になってくるのがゴム紐をかけている耳が痛くなることです。

ゴム紐は大きく平ゴムと丸ゴムがあり、丸ゴムは耳の裏に食い込みやすいために、耳が痛くなりやすいです。平ゴムを使用しているマスクは装用の快適さを売りにしたものが多いです。

その他、ウイルスや花粉を分解する働きを持った高性能マスクや、一度吸着した細菌を話さないフィルターを持ったマスクなどもあります。

近頃は様々な種類のマスクが売られているので、その差別化のために色んな特徴を出した製品が販売されています。

1枚あたり10円程度以上するような比較的高価なマスクはフィルターの性能は基本的に問題ないと思って良いでしょう。後は耳の部分の痛さや息のしやすさなどの基準から選ぶと良いでしょう。

-衛生

Copyright© 悠々ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.